読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルク色の記録

やったこと、やってみたこと

2016年にフロントエンド開発に使った環境

今年も終わるのでメモしておく。

去年との大きな違いはwebpackの設定を個別ファイルにするのをやめたくらい。 webpackの設定はgulpfile.js内で関数用意して、引数で対象の環境(development, production, testing)を切り替えるようにした。

こんな感じで使う。

他にはbabelのバージョンが上がったことに伴うあたりが変わったくらいで、そんなに大きな変化はなかったかな…と。

以下、package.jsonとか。

2016 development tool